風俗求人メディアコラム|風俗求人・高収入アルバイト情報!

ハピハロメディア | 風俗求人サイト ハピハロが運営するメディアサイト

【箱ヘル】ってどんな感じなのかな?【2018.6.1追記あり】

風俗のアルバイトを始めるのにお仕事を探していると、『ヘルス』というサービスが多くありますよね。最近の主流はデリバリー派遣型の『デリヘル』、あとはホテルへ移動する『ホテヘル』はあります。しかしもともとのヘルスは【箱ヘル】というサービスが有名でした。箱ヘルとはいったいどんなものなのでしょうか?

今回はヘルスの大元ともいえる【箱ヘル】についてご紹介しようと思います♪

 

【箱ヘルとは】はこへるって一体なに?

【箱ヘル】と呼ばれるヘルスサービスは、店舗型ヘルスのことを言います。店舗=箱、というイメージを持っていただけると分かりやすいかと思います♪

店舗型ヘルスは、【箱ヘル】という呼び方以外にも【ファッションヘルス】という言い方をする地域もあります。雑居ビルなどに入っている店舗にお客さんが遊びに来て、お金を払い女の子のいるお部屋でサービスを受ける、といった流れになります。

デリヘルと比較してみると、デリヘルは自宅やホテルなどで恋人気分を味わう為にまったりと過ごすイメージです。なので必然的にコースも75分や90分、120分などロングコースが多くなります。箱ヘルは、もちろんイチャイチャしたくて来るお客さんもいますが、可愛い女の子にサクッと抜いてもらいたい!というお客さんが多いので、40分や50分など、割りとショートコースが多いようです。

1本のお仕事をせかせかしたくない女の子はデリヘル、本数を多くこなしたい

あまり責められるのは得意じゃない、という子は箱ヘル、といった感じでしょうか。

 

【箱ヘルとは】サービスの流れはどんな感じ?

箱ヘルのサービスは、風俗のヘルスというジャンルの中でも一番シンプルです。建物の中に、スタッフのいる事務所、お客さんが女の子を選びお金を払う受付、女の子の待機場所、お客さんとのプレイルーム全てが一つの建物の中にあります。お客さんの流れも一緒に確認していきましょう。

・受付にお客さんが来店。女の子を選んでお金を払い、女の子が迎えに来てくれるまで待合室で待ちます。

・女の子のお出迎え。お客さんと対面し、プレイルームまで手をつなぎ一緒に行きます。

・お部屋に入ったら、脱衣のアシストをしてお客さんがお洋服を脱ぐのをお手伝いします。自分で脱いでしまうお客さんもいますが、イチャイチャ感を出した方が喜ばれます♪そして自分のお洋服も一緒に脱ぎます。脱がせ合いっこなども喜ばれますよ♪

・シャワーへ移動。お客さんの体を洗ってあげて、自分の体も洗います。お互いの体を洗い合いっこするのも、指名に繋がりますのでオススメです♪ここでイソジンのうがいや歯磨きなどもします。

・シャワーを出たら、お客さんの体をふいてあげましょう。ここで少しフェラをしてあげたりすると、お客さんの興奮度も上がって良いですね♪

・ベッドへ移動、プレイ開始。受け攻め・乳首舐め・69フェラ・手コキ・スマタ・パイズリなどの本番行為以外でお客さんに気持ちよくなってもらい、フィニッシュさせれば完了です♪

・タイマーが鳴る、もしくはスタッフからのコールが来たらおしまい。シャワーへ。慣れてくると時間配分も出来るようになり、フィニッシュとタイマーの感覚が分かってくるようになりますが、最初のうちは難しいかもしれません。タイマーが鳴る前にフィニッシュした場合は、ベッドでイチャイチャしたりお風呂に浸かるのも良いかもしれませんね♪最後も一緒にシャワーを浴びて、体を洗い流してあげましょう。

・お見送りです。お出迎えの時のように、お客さんをお見送りします。お見送りの時も手をつないであげるとお客さんは喜びます♪

・片付けや準備。お見送りが終わったらお部屋へ戻り、お掃除や次のお仕事の準備をしましょう。

 

一般的な箱ヘルの流れはこのような感じになります。マットがあるお店や、即プレイのお店なども最近増えてきましたので、そうなった場合はまた流れが特殊にはなりますが、大まかなハコヘルはだいたいこんなサービスになっていますよ♪

 

【箱ヘルとは】ハコヘルのメリットとは?

【箱ヘル】の一番のメリットは、

・従業員やスタッフがすぐそばにいる安心感。

デリヘルやホテヘルは、お仕事のある自宅やホテルへ行ってしまえば、お客さんと二人きりです。もちろん変なお客さんはいませんが、風俗のお仕事が未経験の女の子なんかは、箱ヘルだと安心できるのではないでしょうか。

・ショートコースが多い。

前後のシャワー時間などを考えれば、プレイ時間は20分程度のことが多いです。コースが長いと、プレイのレパートリーも増やさないといけないし、お客さんに責められることももちろんありますが、ショートコースだと基本的にお客さんは受け身です。

・回転が速い。

忙しいお店だと、お仕事がずっと続くことも良くあるそうです。デリヘルやホテヘルだと、お客さんや女の子自身の移動時間があるので、少し時間が空いたりすることもあります。しかし箱ヘルの場合は、お部屋でお仕事をして、お客さんを送ったあとにお仕事が続いていれば、そのまますぐにお仕事をすることができます。

 

【箱ヘルとは】箱ヘルのデメリットは?

次は【箱ヘル】のデメリットをあげてみようと思います。

・休憩時間などが確約されない

お客さんの来店が続いている時など、ひっきりなしに仕事をこなしていくのが【箱ヘル】スタイルなので、

前もって休憩が欲しいことなど伝えておかないと、体力が持たない可能性も。

 

・閉鎖的空間での長時間労働は、精神的に疲れるかも

箱ヘルは、店舗もお仕事するお部屋も基本的に狭いです。

その中でずっとお客さんを迎えて、一人で待機して…となると、結構病んでしまう女の子も。

デリヘルやホテヘルなど、外に出て気分転換出来ないのでそれがしんどくなることもあります。

 

・ショートコースが多い

こちらはメリットでも書きましたが、デメリットにもなりえます。

1本のお給料がショートコースだと少ないので、必然的に本数をこなさないと高収入を稼ぎにくくなります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?今回は【箱ヘル】についてご紹介してみました♪

箱ヘルの特徴は

・移動時間や煩わしい時間差なく、コンスタントに仕事がしやすい

・ショートコースが多めで、お客さん受け身コースが多い

・閉鎖的空間なので、精神的に疲れることも?

・本数勝負なので、体力に自信がある子は特におすすめ!

といった感じでしょうか?

数ある風俗店の中で、良いお店が見つかるお手伝いに少しでもお役に立てれば幸いです♪

 

  • ピックアップ

ランキング