風俗求人メディアコラム|風俗求人・高収入アルバイト情報!

ハピハロメディア | 風俗求人サイト ハピハロが運営するメディアサイト

【箱ヘル】ってどんな感じなのかな?【風俗☆基本のキ】

約 4 分
【箱ヘル】ってどんな感じなのかな?【風俗☆基本のキ】

風俗のアルバイトを始めるのにお仕事を探していると、『ヘルス』というサービスが多くありますよね。

最近の主流はデリバリー派遣型の『デリヘル』、あとはホテルへ移動する『ホテヘル』はあります。

しかしもともとのヘルスは【箱ヘル】というサービスが有名でした。

今回はヘルスの大元ともいえる【箱ヘル】についてご紹介しようと思います♪

 

箱ヘルって一体なに?

【箱ヘル】と呼ばれるヘルスサービスは、店舗型ヘルスのことを言います。

店舗=箱、というイメージを持っていただけると分かりやすいかと思います♪

店舗型ヘルスは、【箱ヘル】という呼び方以外にも【ファッションヘルス】という言い方をする地域もあります。

雑居ビルなどに入っている店舗にお客さんが遊びに来て、お金を払い

女の子のいるお部屋でサービスを受ける、といった流れになります。

デリヘルと比較してみると、デリヘルは自宅やホテルなどで恋人気分を味わう為にまったりと過ごすイメージです。

なので必然的にコースも75分や90分、120分などロングコースが多くなります。

箱ヘルは、もちろんイチャイチャしたくて来るお客さんもいますが、可愛い女の子にサクッと抜いてもらいたい!

というお客さんが多いので、40分や50分など、割りとショートコースが多いようです。

1本のお仕事をせかせかしたくない女の子はデリヘル、本数を多くこなしたい

あまり責められるのは得意じゃない、という子は箱ヘル、といった感じでしょうか。

 

箱ヘルのメリットとは?

【箱ヘル】の一番のメリットは、従業員やスタッフがすぐそばにいる安心感でしょう。

デリヘルやホテヘルは、お仕事のある自宅やホテルへ行ってしまえば、お客さんと二人きりです。

もちろん変なお客さんはいませんが、風俗のお仕事が未経験の女の子なんかは、箱ヘルだと安心できるのではないでしょうか。

そしてもう一つは、先ほども少しお話しましたが、ショートコースが多いこと。

前後のシャワー時間などを考えれば、プレイ時間は20分程度のことが多いです。

コースが長いと、プレイのレパートリーも増やさないといけないし、お客さんに責められることももちろんありますが、

ショートコースだと基本的にお客さんは受け身です。

あとは、回転が速い。忙しいお店だと、お仕事がずっと続くことも良くあるそうです。

デリヘルやホテヘルだと、お客さんや女の子自身の移動時間があるので、少し時間が空いたりすることもあります。

しかし箱ヘルの場合は、お部屋でお仕事をして、お客さんを送ったあとにお仕事が続いていれば、

そのまますぐにお仕事をすることができます。

 

箱ヘルのデメリットは?

次は【箱ヘル】のデメリットをあげてみようと思います。

・休憩時間などが確約されない

お客さんの来店が続いている時など、ひっきりなしに仕事をこなしていくのが【箱ヘル】スタイルなので、

前もって休憩が欲しいことなど伝えておかないと、体力が持たない可能性も。

 

・閉鎖的空間での長時間労働は、精神的に疲れるかも

箱ヘルは、店舗もお仕事するお部屋も基本的に狭いです。

その中でずっとお客さんを迎えて、一人で待機して…となると、結構病んでしまう女の子も。

デリヘルやホテヘルなど、外に出て気分転換出来ないのでそれがしんどくなることもあります。

 

・ショートコースが多い

こちらはメリットでも書きましたが、デメリットにもなりえます。

1本のお給料がショートコースだと少ないので、必然的に本数をこなさないと高収入を稼ぎにくくなります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?今回は【箱ヘル】についてご紹介してみました♪

箱ヘルの特徴は

・移動時間や煩わしい時間差なく、コンスタントに仕事がしやすい

・ショートコースが多めで、お客さん受け身コースが多い

・閉鎖的空間なので、精神的に疲れることも?

・本数勝負なので、体力に自信がある子は特におすすめ!

といった感じでしょうか?

数ある風俗店の中で、良いお店が見つかるお手伝いに少しでもお役に立てれば幸いです♪

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

  • ピックアップ

ランキング