風俗求人メディアコラム|風俗求人・高収入アルバイト情報!

ハピハロメディア | 風俗求人サイト ハピハロが運営するメディアサイト

セクキャバやおっぱぶ、ピンサロの違いを徹底解析!オススメ風俗求人も併せてご紹介【2020.07.12追記】

高収入のアルバイトを探そう!
と風俗求人情報サイトをみても
『セクキャバ』『おっぱぶ』『ピンサロ』
など
似ている業種の仕事がたくさんあって
何を選べない良いか
分からないですよね。

今回はその違いを徹底的にご紹介します♪

1.セクキャバとピンサロの違い⇒ 業界編

1-1.セクキャバは水商売のカテゴリー

セクキャバとは『セクシーキャバクラ』の略で
『おっぱぶ』と呼ばれる業種と同じです。
セクキャバはお酒を飲みながら、キスをしたりおっぱいを触られたり
お店によっては女性器を触らせるサービスもありますが

女性から男性に性的サービスは行われないので
種類的にはキャバクラなど飲み屋さんと同じ種類になります。

1-2.ピンサロは風俗のカテゴリー

ピンサロとは『ピンクサロン』の略です。
ピンサロはお酒を飲みながら
キスやお触りはもちろん
フェラチオなど女性から男性に性的サービスを行うので
ヘルスやソープなどと同じ、風俗の種類になります。

2.おっパブとピンサロの違い⇒ サービス内容編

2-1.おっパブはお酒メインのイチャイチャ系

おっぱぶは、お酒を楽しみながらイチャイチャするイメージ。
おっパブは男性がおっぱいを触ることが出来る
キスが出来る以外はあまり性的なサービスが無い。
女の子の下半身へのタッチは基本NGのお店が多い。
イチャイチャは出来るがお客さんはフィニッシュ(射精)できない

2-2.ピンサロとはヌキメインのお酒も飲めるサービス的なもの

ピンサロもお酒を楽しめますが
どちらかというと「ヌキ」がメインになるようです。
お酒ありきのサービスにはなりますが
ピンサロはお客さんが女の子への下半身のタッチもOKで
お客さんのフィニッシュまでがついています。

3.セクキャバとピンサロの違い⇒ システム編

3-1.セクキャバは会話がメイン

セクキャバはキャバクラなどの飲み屋さんの
セクシーバージョンと考えてもらえば分かりやすいです。

お客さんの席についてお酒やお喋りをメインに楽しむ。

一定の時間感覚で『ハッスルタイム』という照明が暗くなり音楽が変わる時間がやってきて
その間だけお客さんにまたがり、おっぱいを触らせたりイチャイチャする、というイメージです。
なかには『ハッスルタイム』無しで時間に関係なくおさわり自由なお店もありますが
基本的にお酒と会話メインとなります。

3-2.ピンサロはサービスがメイン

ピンサロは同じくお客さんの席に付き
お酒を注いだり会話をそこそこする部分は同じです。

そのあとキスから始まり、お客さんの局部をおしぼりで綺麗にしてから
性的なサービスを始めます。

会話も無くすぐプレイをしたがるお客さんが多いのもピンサロの特徴です。
この流れはやはり風俗と似ていますね。

4.セクキャバとピンサロの違い⇒ 性病編【2018.5.19追記】

4-1.セクキャバで気を付ける性病

セクキャバのお仕事で性病の可能性があるのは
口の中の粘膜が接触する可能性が高い
『ディープキス』
ハードなお店にある『指入れ』です。

指入れの場合は
お客さんが自分の指をなめた後に女の子の膣に指入れをした場合
粘膜同士の接触が起こりうると言われています。

4-2.ピンサロで気を付ける性病


ディープキス、フェラ、指入れなど
おっぱぶよりも性病のリスクは高まります。

ピンサロの場合きちんと消毒行為を行ったあとに
サービスをする必要がありますし
性病検査定期的に受けておく
と安心と言えそうです。

おっぱぶ、ピンサロともに共通している
ディープキス
移る可能性のある性病はこちら↓

・喉頭クラミジア

喉に感染するクラミジアです。のどの痛みや軽い発熱など、風邪の症状に似ています。二週間ほどで完治します。

・喉頭淋病

淋菌という菌によって起きる喉の性病です。症状は喉頭クラミジアのように風邪の症状に似ていて、他には喉の腫れがあります。

・口唇ヘルペス

唇にヘルペスが出る症状です。口唇ヘルぺスは症状は自然と収まりますが、一度菌が住み着いてしまうと風邪を引いた時や疲れた時など、免疫が下がった時に再発を繰り返すこともあります。

5.おっぱぶとピンサロの違い⇒ お酒編【2018.5.19追記】


おっぱぶもピンサロもお酒を提供する場でサービスが行われるので
お酒が飲めることが大前提のようですが
お酒が飲めない女の子は働くことが出来ないのか?という疑問も多いですが

お酒が飲めなくても大丈夫!
お酒は飲まずにおっぱぶやピンサロで働いている女の子たちはたくさんいます♪

ノンアルコールやソフトドリンクを用意している
お店はほとんどなので
安心してくださいね♪

ただしセクキャバの場合は、お酒が飲めた方がより稼げます。

6.おっパブとピンサロの違い⇒ お給料編【2019.5.30追記】

6-1.おっパブのお給料システム

おっぱぶのお給料は時給制になります。
おっぱぶの時給平均は関東圏で3000円~5000円前後。
時給以外にドリンクバックと指名バックがあります。
ドリンクバックはだいたい1本500円~4000円
指名バック1000円~3000円
あとはキャバクラと同じなので、お客さんと同伴すれば同伴バックも発生します。

6-2.ピンサロのお給料システム


ピンサロも同じ時給制で、時給平均は関東圏で2500円~4000円前後と言われています。
おっぱぶよりも時給が低めの設定ですが
ピンサロにはこれにプラス接客バックというのがあります。
1人の接客に付くと1000円~3000円もらえるお店もあります。

そして指名バックというのもあり
指名バックは本指名や場内指名をもらった場合に追加でもらえます。
1本につき1000円~3000円付くというカタチになっています。

7.セクキャバとピンサロの違い⇒ 日給編【2019.5.30追記】

セクキャバとは時給とドリンク勝負

セクキャバの日給を計算してみます。
平均時給の最低ラインである3000円で計算していきましょう。
1日6時間勤務したとして、時給3000円×6=18,000円
これに接客中にドリンクを3杯もらったとして、1杯1000円バック計算で1000円×3杯で、プラス3000円
合計日給は21,000円です。
ここからお店によっては厚生費などで10%引いたりするお店もありますが、店舗や地域によって異なるので割愛します。

ピンサロとは本数、回転勝負

ピンサロの日給を計算してみましょう。
平均時給の最低ラインである2500円で計算していきます。
1日6時間勤務したとして、時給2500円×6=15,000円
6時間出勤で6人に接客したとして、1本1000円の接客バック計算で、1000円×6人=プラス6000円
合計日給は21,000円です。
ピンサロの場合は指名が入りやすいので、
更に指名バックが追加されることが想定されますが
今回は最低日給ということで一番イメージしやすい計算にしてみました。

8.おっぱぶとピンサロの違い⇒ 風俗求人編【2020.07.10追記】

8-1おっぱぶ(セクキャバ)とは喋りやお酒が重要に

おっぱぶの求人は
トークスキルやお酒が飲めるかどうかは割りと重要になってきます。
普通のキャバクラで会話に疲れて
でもお酒は好きだし、風俗に行く勇気はないけどお金が欲しい…
そんな女の子にオススメで人気があります♪

全国の優良セクキャバおっぱぶ風俗求人ランキング♪ ⇒

8-2.ピンサロとは風俗初心者にオススメ

ピンサロの求人は、風俗を始めてみたいけど怖い…
フェラや手コキ以外はサービス出来そうにない…といった女の子に人気があります♪
サービス内容が風俗業界の中でも一番ソフトサービスにはなるので
風俗初心者の子がまずはピンサロをやってみる!と始める子が多いようです♪

全国の人気ピンサロ店風俗求人ランキング♪ ⇒

9.セクキャバとピンサロの違い⇒ まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はおっぱぶとピンサロという
同じお酒を提供する
高収入アルバイトの違いについて徹底的に説明してみました。
アルバイト探しの参考になれば幸いです。

全国のピンサロ優良店風俗求人情報♪⇒
全国のセクキャバおっぱぶ風俗求人優良店情報♪⇒

  • ピックアップ

人気アクセスランキング