風俗求人メディアコラム|風俗求人・高収入アルバイト情報!

ハピハロメディア | 風俗求人サイト ハピハロが運営するメディアサイト

元風俗嬢Ⓜ子の『お悩み相談室』vol.2 ~ヘルスでエイズに感染することってある?~

元風俗嬢Ⓜ子の『お悩み相談室』vol.2 ~ヘルスでエイズに感染することってある?~

こんにちわ、元風俗嬢Ⓜ子です。普段はアメブロにてブログを更新しております♪

アメブロ、LINE@やTwitter、メールなどでお悩み相談を受けておりますが、同じ風俗で働く女の子たちで似たような悩みを持っている子も多くいると考え、こちらのサイトでシェアしていくことにしました~♪

※男子禁制、女性のみ対応※
ID⇒mmmcoo

質問箱はコチラ

メール相談⇒fuuemuko@yahoo.co.jp

お気軽に相談してくださいね(*´ω`*)

 

では今回のお悩みいってみましょう♪

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ヘルスで働いているのですが

エイズが怖いです。

サービスでエイズを予防する方法はありますか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ご相談ありがとうございます♪

既にLINEにて回答済ですが、気になる女の子は多いのでは無いかと思い
こちらの相談をピックアップさせていただきました♪

確かに、性病ももちろん怖いですがエイズって不治の病なイメージだし、風俗で働いていると怖いですよね。

そもそも私が現役風俗嬢時代、風俗店スタッフ時代に、性病検査が大切なことや、性病にかかった女の子の話はやはり多く聞いていたのですが
エイズに関しては全く聞いたことがありませんでした。認識的に『AIDSはゲイの人たちのアナルセックスで感染するもの』という考えだったので、すっぽり抜けていたと、言っても良いかもしれません。

今回この相談をいただいたことをきっかけに、Ⓜ子なりにエイズについて調べ直してみたので、こちらでシェアしようと思います♪

*エイズとHIVの違い*

HIV⇒ヒト免疫不全ウイルス (Human Immunodeficiency Virus)、ウィルスの名前で病原菌。このウィルスに感染すると『HIV感染症』となる。

AIDS(エイズ)⇒後天性免疫不全症候群 (Acquired Immunodeficiency Syndrome) 、HIV感染した人が免疫力が極端に下がり、そのせいで様々な合併症を発症した状態。

つまり、HIVはエイズの原因となる病原菌の名前で、エイズはそのウィルスによって引き起こさる病気の総称ということになります。

HIVに感染して、初期症状や無症状期があって、その後数か月~10年以内に発症するのがAIDS(エイズ)。
そしてAIDS(エイズ)は不治の病と言われていますが、AIDSが発症する前の、HIVに感染した状態で治療を行うとエイズの発症を遅らせる、もしくは一生発症させないようにも出来るようになってきているそうです。

やはり性病と一緒で、早期の対策が大切なんですね!

*HIVの感染経路(感染しやすい性行為)のリスクと確率*

次に、HIVに感染しやすい性行為のリスクと確率について調べてみました。HIVに感染している人と、一回のセックスで感染する可能性を行為別で載せておきます。

1位⇒アナルセックス(受け側) 0.500%/1回の性行為
2位⇒セックス(女性側) 0.100%/1回の性行為
3位⇒アナルセックス(挿入側) 0.070%/一回の性行為
4位⇒セックス(男性側) 0.050%/一回の性行為
5位⇒フェラチオ(する側) 0.010%/一回の性行為
6位⇒フェラチオ(される側) 0.005%/一回の性行為

こちらの結果を見ると、一番感染しやすいのが、アナルセックスで0.5%ということです。この割合は、200回に1回のアナルセックスで感染する可能性がある、という確率です。
女性に関しては2位のセックス(女性側)の0.1%の確率は、1000回に1回のセックス、という確率になるんですね~。
かなり、少ないと感じませんか??

フェラチオに関しては、女性側である5位の0.01%という数字は、10000回に1回の確率です。ものすごく、数字的には低い。
そしてこれはコンドーム無しでの確率だそうなので、これにコンドームをすれば、もっと数字は下がるはずです。
更にヘルスサービスで言えば、挿入行為(セックス)はありませんから、HIVに感染する可能性は極めて低いのではないでしょうか?

ただこちらの数字は全国平均だと思います。ゲイの人たちがHIVにかかりやすいと言われているのは、小さなコミュニティの中で相手を変えて性行為を繰り返すため、HIV感染の自覚が無いまま行為をしてしまい、結果的に広がってしまう、ということが言われているようです。

ですので例えば東京都だけで見た場合、割合はもっと高くなるので無いかな?同性愛者の方達の恋愛環境が発達しているし。
と考えるのがⓂ子の考察ですが、今回はヘルスで働いている女の子たちへの紹介なので、そこまで調べるのはやめました!(;^ω^)

*ヘルスはエイズの心配無し??*

やはりヘルスの場合は、HIV,AIDSの心配よりかは、圧倒的に性病・性感染症の方がかかる可能性も高いし、気を付けた方が良さそうですね~。

でも性行為がある以上は、誰もがHIVに感染する可能性っているのはあるんですよね。性病よりも可能性が【低い】っていうだけで【かからない】という訳じゃない。
なので、『私は大丈夫』とは思わずにやはり定期的な性病検査がとっても大切です♪

口を酸っぱくしていっていますが(笑)、性病検査は自分を守る為に必要なことですからね~!

*Ⓜ子的まとめ*

風俗で働いていると、人よりも性的な部分に接することが増えるので、必然的に性病やHIVなどのウィルスに敏感でいなければいけないなぁと
今回調べてみて感じました!ご相談いただいた方、ありがとうございます♪

LINEでの返答よりも詳細を書くことができて、他の女の子たちにもシェア出来て良かったな~と思います♪
目に見えないからこそ余計に不安になるとは思いますが、自分の大切な体を使ってお金を稼いでいる以上、もっと大事にしていってもらえたら良いなと思います(*´ω`*)

では今回はこの辺りで♪

ご相談はお気軽にどうぞ~☆

※男子禁制、女性のみ対応※
ID⇒mmmcoo

質問箱はコチラ

Twitterはコチラ

メール相談⇒fuuemuko@yahoo.co.jp

アメブロ⇒アラサー元風俗嬢Ⓜ子の『お姉さんが教えたろっ!』

  • ピックアップ

ランキング