風俗求人メディアコラム|風俗求人・高収入アルバイト情報!

ハピハロメディア | 風俗求人サイト ハピハロが運営するメディアサイト

大人になるほど響くもの【子供のころの教え】

約 3 分

毎日の生活の中で、つい忘れがちになってしまう「子供の頃の教え」を今回はご紹介します♪

多くの人が子供のころ、学校や家庭で言われて育ったのではないでしょうか。

人として大切にすべきな基本のことを思い出すかもしれませんね♪

 

「自分がされて嫌なことは人にはしない」

筆者自身も子供のころは、両親からしつこく言われてきました。

相手の気持ちになって行動することの大切さは、大人になればなるほど身に染みて実感できることがありますよね。

単純に、自分がされていやなことは、おそらく相手も嫌だということ。

例えば毎回会う度に遅刻をしたり、平気で嘘をついたり冗談にしてはキツイ言葉で相手を責めたり。

絶対にしてはいけないことなのです。

 

「人と話すときは、目を見て」

恥ずかしがりやな人は、目を見て話しを聞くことが苦手かもしれません。

けれど、やはり目を見て話しを聞くと、しっかり聞いているという姿勢が相手にも伝わります。

ずっと見つめる必要もありませんが、時折目線はずらしても、やはり目をきちんと見る方が誠意は伝わります。

 

「ありがとう、は言ったの?」

子供のころ、何かあるたび「ありがとう、言った?」と両親や先生に確認されていました。

気づけば注意されなくても、ありがとうを言えるようになりましたが、逆に大人になると当たり前すぎて、

お礼をきちんと言う人が少なくなっている気もします。

何かしてもらったら、お礼を言う。そんな基本的なところも、忙しい日々の中で忘れがちになっているかもしれません。

 

いかがだったでしょうか

 

忙しくて自分のことで精いっぱい…20代の女性の大半はそう感じている現代。

だからこそ本当に大切にすべきことを思い出すときなのかもしれません。

基礎に戻って考えてみれば、人生はもっとシンプルに、より生きやすくなると思います。

心豊かな毎日を送る為にも、是非ヒントにしてみてください♪

コメントする

*
*
* (公開されません)

  • ピックアップ

ランキング