風俗求人メディアコラム|風俗求人・高収入アルバイト情報!

ハピハロメディア | 風俗求人サイト ハピハロが運営するメディアサイト

新型コロナウィルス対策

ハピハロメディアでは
感染拡大が広がっている新型ウィルスへの
風俗業界への影響を鑑みて
風俗でこれから働きたい、
今風俗で働いているけど不安…
という女性へ向けた
対策ページを設置いたしました。

日々不安やストレスを感じながら生活をされていると思いますが
働く上で必要な情報を
厚生労働省経済産業省
内閣官房新型コロナウィルス感染症対策サイト
など確実で有益な情報をもとに
わかりやすくご案内していきます。

1.新型ウィルス対策対応のお店一覧

2020年に入り世界中で感染が広がっている新型コロナウィルスですが
風俗店舗ではそれぞれが対策をとり、風俗で働く女の子たちが少しでも安全に働けるよう行動しています。
上記ページはスタッフ・お客さん・女の子の感染リスクを抑えるよう工夫・対策をしている風俗求人店舗一覧になります。

新型コロナウィルス感染症対策済の風俗店一覧 ⇒

新型コロナウイルス感染症対策済の風俗店一覧(エリア別)

2.各店舗の営業・自粛状況

休業要請を受けている風俗業界ではありますが、働かなければいけない女性の為に
営業を続けているお店もあります。

政府の要請により自粛中のお店に関しては
営業再開の目処がついているお店、ついていないお店それぞれなのが現状です。

営業中・自粛中のお店はその都度更新致しますが
日々状況が変わっておりますので、タイムラグが発生する可能性もあります。

もし営業自粛中でも連絡などは可能なお店が多いと思いますので
気になることがあれば問い合わせしてみてください。

3.新型コロナウィルスに関するQ&A(風俗で働く女性向け)


令和2年4月28日付版

Q.新型ウィルスは風俗で感染しますか

新型コロナウィルスは飛沫感染・接触感染することが分かっています。
密閉した空間の中で、近距離で多数の人と会話するといった環境では
くしゃみや咳などの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

Q.キスで感染しますか

唾液感染が確認されたので、キスは感染する可能性が高いとされています。

Q.素股・フェラで感染しますか

精子や腟分泌液からはコロナウィルスが見つかった、感染したという発表は今のところありません。

Q.コロナが怖くて出勤できません

風俗業界が休業要請が出ている今、無理に出勤する必要はないと思います。
感染リスクが高いお仕事ですので、状況に応じて対応するのが良いかと思います。

新型ウィルス感染症対策済みのお店もありますで
そちらを参考にしてみるのも良いかもしれません。

covid-19感染症対策済み風俗求人一覧 ⇒

covid-19感染症対策済み風俗求人一覧(エリア別)

Q.出勤したいけど周りの目が気になります

事情があって働かなければいけない女性が多くいる業界ですので、緊急事態宣言が出ても働いている女性もいます。
営業しているお店もあります。
まずは働いているお店の方に相談してみましょう♪

これから働きたいお店の場合も、問い合わせで聞いてみると良いと思います。

Q.働きたいけど自分のお店が休業になってしまった

政府からの自粛要請で、休業を決めた店舗さんが多くあります。
その中で営業を続けている店舗さんもあり
「休業中の間だけの在籍・出勤OK」
としているお店が多いようです。
ご自身の住んでいるエリアで営業中のお店へ問い合わせしてみると良いかもしれません。

Q.出勤してもお茶引いてしまうのが怖い

今営業中のお店は出勤保証を付けているところもあります。
そちらに問い合わせしてみてください。

Q.家賃の支払いが出来なくて困っている

厚生労働省から「住宅確保給付金」という制度についての案内が出ています。
コロナウィルスの影響により家賃の支払いが難しくなった方へ
毎月家賃の何割かを家主へ支払ってくれる制度です。
各自治体によって金額は異なりますので、ご確認ください。

・住宅確保給付金について
↑厚生労働省内ページへリンクします。

Q.公共料金の支払いが出来なくて困っている

電気、水道、ガス、携帯電話、インターネット利用料などの
各公共料金支払いへの猶予措置が行われています。
お住まいの地域や利用されている
各会社ホームページ等お調べください。

Q.現金が足りなくて困っている

全国社会福祉協議会から、コロナウィルスの影響により
収入が大きく下がった世帯へ
無利子で貸し付けしてくれる緊急小口資金の窓口が設置されています。
ご確認ください。

・コロナウイルスの影響による緊急小口資金調達について
↑全国社会福祉協議会内ページへリンクします。

Q.奨学金の支払いが厳しくなってしまった

風俗で働く女性の中には奨学金を返済中の方も多くいると思います。

独立行政法人の日本学生支援機構では
減額返還や返還期限猶予などの処置が行われるそうです。

・新型コロナウイルス感染症への対応について
↑日本学生支援機構内ページへリンクします。

Q.税金を払ってこなかったので役所に行くのが怖い

風俗嬢の女性たちは税金などを支払っていない場合も多く
今回のcovid-19、コロナウィルスの影響で金銭的に厳しくなっても
お金を借りたりするのに市役所や社会福祉協議会に連絡しにくい…
という声も多く聞かれます。

しかし社会福祉協議会などは、もともと生活に困っている人たちに
より良い暮らしが出来るように提案してくれる機関になっているので
風俗で働いてるからといって何を言われることも特にないそうです。

今回のことを機に生活のこと税金のことなどもまとめて相談できる
逆に良い機会になるかもしれません。

今は未曾有の事態なので、勇気を出して相談してみては。

Q.コロナで自粛してると店外に誘ってくるお客さんがいて困っている

このご時世でお金に困ってる女性をいいことに、誘うお客さんがいるのも事実です。
しかし店外はお店を通していないので、何があっても誰も助けてくれません。
非常事態であるこの時に自分を守れるのは自分だけです。
店外は危険性が高いと思われます。

Q.出勤しているとネットで叩かれて精神的に病む

現状の日本は不要不急を避けると言われていますが
生活を維持するための仕事は不要ではないと言われています。
しんどいとは思いますが
休める時は休んで、状況をみて進んでいきしょう!

その他コロナに関する記事はコチラにまとめています。

4.お問い合わせ

新型コロナウィルス感染拡大の影響により
風俗求人のお店探しも大変になってきています。
何かお困りのことがあれば下記の相談対応窓口へお気軽にご相談ください!

お店探しの相談は元風俗嬢Ⓜ子さんのLINE相談アカウントへどうぞ!
⇒LINEでお店探しの相談をする

ハピハロメディア公式Twitter(@happyhellowork)からもお気軽にご相談を!
⇒Twitterで相談する

その他のお問い合わせにつきましてはハピハロお問合せフォームからご連絡ください。
⇒ハピハロ問い合わせフォームから相談する

  • ピックアップ

人気アクセスランキング