風俗求人メディアコラム|風俗求人・高収入アルバイト情報!

ハピハロメディア | 風俗求人サイト ハピハロが運営するメディアサイト

潮吹きっていったい何?潮吹きについて徹底解析してみた♪【2018.10.9追記あり】

風俗で働いていたり、エッチをしたことのある女性であれば聞いたことのある、潮吹き。
AVでも良く、女優さんの女性器から勢いよく透明の液体が飛んでいたりなんだかスゴいことが起こっているような感覚ですよね!

潮吹き経験のある人、『もしかしてアレって潮吹きだったのかな?』なんて曖昧な人、はたまた潮吹きの経験が無い人。
潮吹きをする当人である女性でさえ、潮吹きの正体が分からない人は多いと思います。今回はそんな、潮吹きのアレコレをご紹介します♪

潮吹きって、一体なんなの?

潮吹き(しおふき)とは、女性が性行為の最中にオーガズム(オルガズム)に達した時、もしくは達する直前に女性の尿道から分泌され放出する液体のことを言います。
『女性の射精』と言われることもあるそうです。

男性は当然射精がありますが、男性の場合射精をしたら興奮は収まり、男性器も元に戻りますが
女性の潮吹きの場合、特別オーガズムを感じなくても潮吹きをすることもありますし

潮吹きをした後も何度もオーガズムに達することが出来るので、男性のいわゆる射精とは
やはり少し違うものでは無いかとも言われているそうです。

潮吹きのメカニズムとは?

潮吹きのメカニズムについてですが、こちらもきちんと解明されていないと言われています。
実際には、女性器の尿道から放出されるので『おしっこに近い分泌物』と言われていますが

おしっこと違い色は透明ですし、ニオイも全くありません。
女性器の内部にあるGスポットを刺激すると大量に分泌されやすい、ということのみ分かっているそうです。

確かにGスポットを刺激されると、おしっこがでそうな感覚になる時がありますよね。
しかし、おしっことは全くの別物ですので安心してくださいね♪

潮吹きのメリットは?

潮吹きをするメリットとして一番にあげられるのは
『男性が喜ぶ』という点です。

男性はセックスをする際、相手の女性にも気持ちよくなってもらいたい、と考えます。それは風俗の遊びもそうですし、プライベートでもそうです。

特に風俗の場合は、プライベートで奥さんや彼女とのエッチが満足していない、相手が全然感じてくれない、という不満から
きちんと感じて反応してくれる風俗嬢と疑似セックスをすることで、満足感を得る男性も多いものです。

自分のテクニックで相手が気持ちよくなってくれた、と感じれる分かりやすいポイントとして潮吹きがあります。
ここまで感じてくれたんだ!俺はテクニックがあるんだ!と男性も自信につながります。

そしてもう一つのメリットが実はあります。

それは、膀胱炎など膣内に入る細菌の侵入を防げる、ということです。
指や男性器の挿入により、細菌が入って膀胱炎になるという風俗嬢や女性は少なくありません。
そんな時に潮吹き出来る体になっていると、細菌とともに外に流れ出るので病気になる心配がなくなる、ということです。

潮吹きのデメリットは?【2018.8.13追記】

潮吹きにはメリットもありますが、デメリットもあります。

デメリットその1
男性側に『気持ち良いんだ』と思われてしまい、過度の指入れなどしつこく責められてしまう。

これは潮吹きあるあるですが、目に見えて分かりやすい潮吹きは、男性が非常に喜ぶとメリットでご紹介しましたが、だからこそ男性が『すごい気持ち良くなってる』
『ここまで出来る俺ってテクニシャン!』と勘違いしてしまい、更に潮吹きをさせようと責め続けけられてしまうんです。

潮吹きをしたことのある女性ならお分かりかと思いますが、潮吹きをする時って気持ち良い時もあるかもしれませんが、全然気持ち良くなくても勝手に潮吹きしてしまう時も良くありますよね?
そんな時に勝手に勘違いされて、『もうやめて』と言っても『我慢しなくて良いんだよ』とプレイを続けられてしまうこと、ありますよね。
AVの影響も大きいかと思いますが、潮を吹かせば喜ぶ!と勘違いしている男性が多いのも事実です。
嫌な時は本当にやめてもらうようにお願いしましょう。

デメリットその2
潮吹きが癖になってしまって、布団やシーツが汚れてしまう

潮吹きというのは、Gスポットと言われるポイントを刺激されると潮吹きしやすい、と言われています。
そして一度潮吹きをしてしまうと、癖になってしまって潮吹きをしやすい体になるとも言われています。
一度のちょっとの潮吹きであれば、少しシーツが汚れる程度ですが、大量の潮吹きとなるとシーツを通り越してベッドマットにまでシミがついてしまったり
タオルで被せても意味が無いくらいの量であれば、プレイ後のピロートークも出来なくなってしまうので、結構大変だったりします。

デメリットその3
責められる時間が多くなり、体力的な負担が大きくなる

潮吹きは男性が喜ぶため、どうしても責められる時間が多くなってしまいます。
そして潮吹きは激しい責め方で吹く場合も多いので、かなり女性の体的な負担が大きいです。
風俗のお仕事で働く女の子だと、お客さんに喜んでもらいやすいのでメリットかとも思われますが、何度も潮を吹くのは体力も減りますし、単純に疲れてしまいますよね。

潮吹きの前兆とは?トイレに行きたくなる?【2018.8.13追記】

プレイの最中に『おしっこしたいかも…』『トイレに行きたい!』と感じたことはありませんか?
もしかしたらそれは、おしっこをしたいのではなく『潮吹き』の前兆かもしれません!

まず、なぜプレイの途中にトイレに行きたくなるのか?という疑問ですが
それは、前戯の際に指や舌で男性が女性器に触れたり、膣の中を刺激することによって、同時に膀胱と尿道を刺激しているからです。

膣と尿道は非常に近い部分にあり、また女性生殖器と膀胱の位置も近いため、前戯での刺激が『トイレに行きたい』という尿意をもよおす原因になっているようです。

潮を吹いたことの無い女性は『おしっこが出ちゃったらどうしよう』と不安になり、プレイに集中が出来なくなるかもしれません。
おしっこと潮の液体の種類の違いというのは上記で説明しましたが、尿意と潮吹きの前兆の違いというのは、感覚的なものでしかどのサイトにも書かれていませんでした。

良くあるのが、潮吹きの前兆は『腰が浮くような感じがする』『おしっこを我慢してイライラする感じでは無く、悲しいような切ないような気持ちになる』というもの。
しかし潮吹き経験の無い女性からすれば、この感覚も良く分からないのではないでしょうか?
一番簡単な方法は、セックスの前にしっかりとトイレに行っておくこと。
そうすれば、普通であればそう簡単にすぐ尿意は感じないはずです。それでも前戯の際に『トイレに行きたい…』と感じたのであれば、それは潮吹きの前兆である可能性が高いです。

潮吹きがしたい!初めての潮吹きを迎えるには【2018.8.13追記】

潮吹き経験が無くて、潮吹きを体験してみたい!という女性にオススメなのは
上記で書いた潮吹きの前兆らしき感覚が出てきたら、思い切って力を抜いてみる!という方法です。

潮吹きをしたことの無い女性で、この潮吹きの前兆が襲ってきたら、怖くてプレイを止めてしまう女性も多いのです。
しかし潮吹きというのは、この前兆を超えてこそ出来る体験ですので、思い切ってそのまま身を任せるのが一番の近道だったりします。

その為には上記でも説明しましたが、プレイ前にトイレを済ませておくこと。

潮吹きの前兆を感じて力を抜いてみると、勝手に潮吹きが出来た!という女性は多いです。

潮吹きの液体自体、透明な場合もあれば少し黄色のような色が混じってる時もあります。
潮吹きの正体がハッキリしてない以上、もし万が一オシッコが出てしまっても、男性は『潮吹きが出来た!』『俺って天才!』と勘違いしたり喜ぶ男性が多いのでは無いでしょうか。

潮吹きで膀胱炎になるってほんと?【2018.10.9追記】

潮吹きで検索をかけると、同時に『膀胱炎』というワードも検索であがってくることが多いようです。
潮吹きで膀胱炎になる??という女性の疑問が最近は増えているようですね。
潮吹きのメリットご紹介の部分で、潮吹きは細菌を外に出してくれるので膀胱炎などになりにくい、と書いてあるのになぜだろう?と気になり調べ直したところ

『潮吹きのされ過ぎで、尿意が短くなった』『責められ過ぎてばい菌が入って膀胱炎になった』
という記事が多く見られました。

やはり潮吹きをすることで男性が興奮してしまい、気持ち良くも無いのに無理矢理責められ続けてしまい、過度に尿道や膀胱が刺激され尿意が短くなってしまい、結果的に膀胱炎になってしまう方や
たくさん責められた結果、長時間による異物の挿入でばい菌が入ってしまい膀胱炎になってしまった方がいるようです。

潮吹きは男性に喜んでもらう為にはメリットがたくさんありますが、やはり責められ過ぎると逆に膀胱炎になる可能性も潜んでいるようです。

潮吹きが出来るようになっても、痛い場合や止めてもらいたい場合は、遠慮せずに相手に伝えることも大切なようです。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?今回は、まだまだ謎の多い潮吹きについてご紹介してみました♪

潮吹きはしようと思って出来るものではありません。潮吹きしやすい体質、しにくい体質もあります。
その日の体調によって潮吹きが出来るときもあれば、出来ない時もあります。

女性の体は神秘に包まれていますよね。
男性は、無理やり潮吹きをさせるのではなく、女性にまずリラックスしてもらえるムード作りを意識してくださいね♪

少しでも参考になれば幸いです♪

  • ピックアップ

ランキング